人生に笑いはつきもの

芸能・お笑い関連のテレビ番組情報をお伝えするニュースサイト

ケンドーコバヤシ、簡単に思われていること「実際は難しい」

      2017/10/10

2017年9月24日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが簡単に思われているが実際には難しいことについて語っていた。

ケンドーコバヤシ:何でしょうね、もっと世の中に簡単に思われていること!?

千原ジュニア:あんなんとか、番組のアタックチャンスとか。

ケンドーコバヤシ:はいはい。あれは簡単でしょ。

千原ジュニア:いや、そうだけど、そんなんのこんなんとかあるやん番組の。何とかキューとか番組によって。

ケンドーコバヤシ:ああ、ハイハイハイハイ。意外とねやってみたらできへんというの。もうこんなことですね。

千原ジュニア:そうそうそうそう。

ケンドーコバヤシ:それでも意外とやってみたらできない。木原さんそらじろうって呼ぶって意外と爽やかに言えないんですよ。

千原ジュニア:ああ、やろうか。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:爽やかに!?

ケンドーコバヤシ:爽やかに。

千原ジュニア:木原、そらじろう。

ケンドーコバヤシ:チャンネル変えるわ。

千原ジュニア:エエッ!?

ケンドーコバヤシ:何かそんな、演技が入っている。あれはもう、木原さんそらじろうみたいな。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:ちょっと何か演技でもない、むしろ、むしろちょっと素人っぽい演技を入れるのが大事なんですよあれは何か。

千原ジュニア:そうか、なるほどね。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:難しいか。

ケンドーコバヤシ:難しい。あれどうですか!?ジュニアさん、これなら見慣れているでしょ!?ロープダウンのした選手の試合をかき分けるレフリー。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:ストップと。

千原ジュニア:なるほどね。

ケンドーコバヤシ:俺がちょっと。ははは(笑)怖い怖い怖い怖い。

千原ジュニア:どうやるの、だって!?

ケンドーコバヤシ:今お客さんに見えていないところで、んんーって。ははは(笑)

千原ジュニア:何でも難しいな。

ケンドーコバヤシ:いや、何でも難しい、何でも難しい。最近ではもう総合格闘技の選手は踊りながら入場が当たり前ですから。

千原ジュニア:せやな。あの野沢直子さんの娘さんでも。

ケンドーコバヤシ:はいはい、そうです。オークライヤーね。山本美憂なんてメッチャかっこいいですよ。

千原ジュニア:わかるわ。格闘家はリズム感あるからね。

ケンドーコバヤシ:まあ、そうです。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:キッドとかもかっこいいです。

千原ジュニア:キッド。

ケンドーコバヤシ:入場してきて下さい。イン ザ ブルーコーナー 千原ジュニア。ははは(笑)もう負ける、負ける。

千原ジュニア:あ、そう。

ケンドーコバヤシ:もう負ける。

千原ジュニア:難しいよな。

ケンドーコバヤシ:難しい難しい。

千原ジュニア:ギャグのフリとか考える人すごいよな、考える人。

ケンドーコバヤシ:そうですね。

千原ジュニア:あれ自分でやるんやろ!?

ケンドーコバヤシ:それはもちろんそうです。指導者いないでしょ。

千原ジュニア:これでも、これでも自分で考えるんやろ!?

ケンドーコバヤシ:あれはダンス、弟がもしかしたらやったのかもしれないですね。だからよく俺ら見て早くうまくなれやと思うじゃないですか、八木とか自分のギャグやのに。ねえ。

千原ジュニア:八木わかるわ。

ケンドーコバヤシ:自分のギャグ下手やけど、ああいうもんなんでしょ、人は。ブラジルの人聞こえますか!?って最後まで言い切れたこと最近ないですもん、あいつ。ブラジルの人・・・聞こえますか!?って。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:なかなかギャグって難しいですよね。

千原ジュニア:難しいやろうな。

ケンドーコバヤシ:照れくさいやろうしねやっぱり。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:やっぱりやって下さいのフリでやるのは照れくさいでしょうしね、ギャグ。

千原ジュニア:なるほどね。

ケンドーコバヤシ:持っていたら良かったと思うけど、持っていなくて良かったと思いますし。

千原ジュニア:やっぱりギャグ持てる人とギャグ持たれへん人あるよね。

ケンドーコバヤシ:ギャグ持っている人のほうが圧倒的に少ないですよね。ギャグというのがある。

千原ジュニア:だからいかに気持ち強いかやろうな。

ケンドーコバヤシ:ああ、そうそうそうそう。

千原ジュニア:うける、うけへんの超越したところにあるやん。

ケンドーコバヤシ:超越したところにある!?しかもそのギャグがあるおかげで救われる場面も実は多いですしね。なければいけないもんなんですよ。

千原ジュニア:最後の最後のカメラに向かって誤解ですと言っていたもんな。

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)言っていましたね。

千原ジュニア:ははは(笑)

ケンドーコバヤシ:言うてました。あんなに元気ないギャグ久々に見ましたけど。

千原ジュニア:ははは(笑)

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)元気のないのと作り笑を久々にみましたけどね。

千原ジュニア:でもポーン、ポーンと言えるかどうかというさ、そこの反射神経の良い人もいるやん。

ケンドーコバヤシ:ああ、そうですねん。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:あれ意外と難しいんですよね、児嶋とか。児嶋だよって。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:かなり間をつめないとダメじゃないですか。

千原ジュニア:それでもうそうじゃない時も言うて。

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)そうですね。

千原ジュニア:うん。隣岡田結実ちゃんいて、岡田結実ちゃんが「児嶋だよっ」と。

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)

千原ジュニア:岡田結実ちゃんが引いているからね。

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)

千原ジュニア:邪魔すなよみたいな。

ケンドーコバヤシ:スピード上げすぎて。

 - にけつッ