人生に笑いはつきもの

芸能・お笑い関連のテレビ番組情報をお伝えするニュースサイト

ケンドーコバヤシ、日テレ24時間マラソン「トレーニングをして太腿パンパンに発達していたら笑える」

      2017/10/10

2017年9月24日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが24時間マラソンについて語っていた。

ケンドーコバヤシ:いや、これがね、オンエアーされる頃には。

千原ジュニア:はいはいはい。

ケンドーコバヤシ:いつの話してんねんと言われるあれですけど。

千原ジュニア:はいはいはい。

ケンドーコバヤシ:あれすごくないですか!?あの『愛は地球を救う』のマラソン。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:当日スタジオで発表する。

千原ジュニア:あれ、俺いまいちようわかっていないんだけど。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:当日に。

ケンドーコバヤシ:そのスタジオにいる人のうち誰かが走るという。そこで発表しますと。

千原ジュニア:へえ。

ケンドーコバヤシ:それホンマに、あの、無理じゃないですか、準備なんかしていなかったら。

千原ジュニア:呼ばれていない!?

ケンドーコバヤシ:僕はないです。

千原ジュニア:ああ、ないねん。

ケンドーコバヤシ:裏番組に出ていますので。あの、僕は地球を救うような人ではないんで。

千原ジュニア:へえ。裏番組に出ているの。

ケンドーコバヤシ:はい。裏に出ていますね。

千原ジュニア:何やったっけ!?

ケンドーコバヤシ:いや、その特番です。

千原ジュニア:ああ、その週にということ。

ケンドーコバヤシ:はい、はいはいはい。呼ばれています!?

千原ジュニア:ああ、俺も出て、俺も別ですね。

ケンドーコバヤシ:それで当日「何々さんです」と言われて「嘘でしょ!?」と腰から崩れて落ちた人の太腿パンパンに発達していたら、笑っちゃいますよね。

千原ジュニア:なあ。

ケンドーコバヤシ:鼻真っ赤に日焼けして。

千原ジュニア:でも何か、見たら、みんなそれぞれ仕上げにかかっているねんやろ!?

ケンドーコバヤシ:あっ、自分が言われるかもしれんということで。

千原ジュニア:うん。俺、そのVTR見たで。

ケンドーコバヤシ:あ、そうなっているんですね。

千原ジュニア:ああ。もし来たらどうする!?

ケンドーコバヤシ:まあ、でも走るんですかね。

千原ジュニア:へえ。

ケンドーコバヤシ:もし真剣に言われたら。

千原ジュニア:ああ、なるほど。

ケンドーコバヤシ:まあ体を鍛えなおす良いチャンスでもあるやろうし。

千原ジュニア:なるほどね。

ケンドーコバヤシ:何か本当は2ヶ月くらいトレーナーついて練習するみたいな。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:でも100km歩くの無理やもんな思いますもんね。

千原ジュニア:うん、そうやね。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:まあ、俺はもう、もう体、フィジカル的に無理やから膝が。

ケンドーコバヤシ:いや、でもボクシングやってますやん。

千原ジュニア:でもそんな、膝はアカンから走ったりするのは。

ケンドーコバヤシ:はいはい。俺もちょっと巻き爪あるから無理か。

千原ジュニア:危ないで。

ケンドーコバヤシ:巻き爪危ない。

 - にけつッ