人生に笑いはつきもの

芸能・お笑い関連のテレビ番組情報をお伝えするニュースサイト

ケンドーコバヤシ、結婚後に待つ恐怖「結婚したら監視される」

      2017/09/29

2017年9月17日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが結婚後の監視について語っていた。

ケンドーコバヤシ:怖いですね、あれ宮迫さんの件も。あれどうやって撮っていたんですかね!?ホテルの廊下みたいな。

千原ジュニア:そうそうそう。

ケンドーコバヤシ:廊下の何かね写真あったでしょ。

千原ジュニア:だから、こんなこと言ったらあれやけど、向こう側はメチャメチャおもろいと思うで。

ケンドーコバヤシ:メッチャ、だってもう。

千原ジュニア:「来た、来た、来た、来た、来たーっ!」と。

ケンドーコバヤシ:ねえ。『ミッションインポッシブル』ですよ、言うたら。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:ほぼやっていることは。

千原ジュニア:女はって部屋に入って行った、この部屋か、今度は仕掛けて、えらい下からのアングルやから置いてだろうなたぶん。ほんで何かこっちから全然離れたところから、まあ地下の駐車場か何かで見ているねんやろう。

ケンドーコバヤシ:うん。飛ばしてね。

千原ジュニア:「ダッダッダッダッ、ダッダッダッダッ、ダッダッ」「来た来た来た来たーっ!入った!」と。

ケンドーコバヤシ:「タラーン」と。あれ植木とかに置いているんですかね、カメラみたいのを。恐ろしいわ。結婚したら負けですよもう。

千原ジュニア:せやな。

ケンドーコバヤシ:ホンマ、こんな世の中。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:結婚したら監視の目に置かれるんですから。

千原ジュニア:だから俺結婚した時まだそんなことなかったもん、ギリギリ。

ケンドーコバヤシ:ああ、そうですね。

千原ジュニア:普通に入ったら「ガシャン」「エッ!?」と。

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)

千原ジュニア:ウワッ!?

ケンドーコバヤシ:ルールがここで決まったという。死にますよホンマに、変なことしたら。

千原ジュニア:何でこんなことになった!?誰がシャッターを。ベッキーがこう下ろしたんやろうな。

ケンドーコバヤシ:タイミング的にはそうなのかね。

千原ジュニア:でもベッキー、向こうからで下ろしているからな、ベッキーは。

ケンドーコバヤシ:ああ、そうか。

千原ジュニア:別に独身やから。

ケンドーコバヤシ:そうですね。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:ええ。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:いや、恐ろしい世の中ですよ。

千原ジュニア:だから、ね、そんなことないよ。そんなことはないけど、どうするのが一番安全か、もしそうするとしたら、という話になるやんそれは。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ね。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:ね。

ケンドーコバヤシ:何でそんな話になるのかちょっとよくわからないですけど。何でそういう話になるのかよくわからない。

千原ジュニア:逆に向こうのミッションをクリアさせないにはどうするのかという。

ケンドーコバヤシ:ああ。僕は独身の友達とはそんな話にはならないんですけど。

千原ジュニア:いや別に、俺もあれやけど(笑)

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)どうする!?

千原ジュニア:もし。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:どうすると!?

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:どこが一番、だってホテルがもうアカンのやで。

ケンドーコバヤシ:ホテルはダメ、うん。

千原ジュニア:ね。

ケンドーコバヤシ:うん。意外とだから、意外とラブホテルいけるんじゃないかな。

千原ジュニア:いやいや、そんなもん、もうアウトアウト。

ケンドーコバヤシ:アウト!?

千原ジュニア:全然アウト。

ケンドーコバヤシ:まさかラブホテル使うなんて。

千原ジュニア:そんなもん若手なんてもう全部ラブホテルで撮られているやん。

ケンドーコバヤシ:そうか、うん。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:結果、楽屋ちゃうかと。

ケンドーコバヤシ:楽屋!?

千原ジュニア:楽屋が一番安全やて。

ケンドーコバヤシ:いや、備え、ティッシュはあるけど。たまにティッシュない楽屋ありますよ。

千原ジュニア:それは。

ケンドーコバヤシ:たまに。

千原ジュニア:それは何とかせえや(笑)

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)

千原ジュニア:ティッシュくらい何とかせえや。

ケンドーコバヤシ:いや、そういう時はもうトイレからもらってきますけど。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:楽屋!?

千原ジュニア:楽屋が一番、写真だけのことで言うとね。

ケンドーコバヤシ:ああ。

千原ジュニア:絶対撮られへんのは楽屋やな。

ケンドーコバヤシ:まあ。

千原ジュニア:車ももうアカンし。

ケンドーコバヤシ:撮られるし。意外とでも向かいのビルから撮れたりする!?あれ見えへんようになっているのかな!?

千原ジュニア:何!?

ケンドーコバヤシ:けっこう窓ある楽屋あるじゃないですか!?

千原ジュニア:窓ある楽屋!?あるか!?

ケンドーコバヤシ:いや、けっこうあるでしょ。

千原ジュニア:エエッ!?窓ある楽屋俺あまり知らんな。

ケンドーコバヤシ:エエッ!?

千原ジュニア:TMCもないし。

ケンドーコバヤシ:TMCはない。

千原ジュニア:日テレもないし。

ケンドーコバヤシ:日テレありますやん。

千原ジュニア:日テレにあったっけ!?

ケンドーコバヤシ:あの、入って右サイドの楽屋全部窓ありますよ。全然ビジネスマンの仕事しているところを見ながら着替えていますもん僕。入ってこっち行ったらないけどこっち行ったら楽屋全部ありますよ。

千原ジュニア:あったっけ!?

ケンドーコバヤシ:はい。あまりこっちないですか!?

千原ジュニア:いや、というか、日テレであまりその感じ。何か下りているのかな、じゃあ!?下ろしてくれているのかな!?

ケンドーコバヤシ:下ろしているんじゃないですか!?僕は開けて。

千原ジュニア:それでだ。テレ東は天王洲は開いているな、窓。

ケンドーコバヤシ:ああ、天王洲は開いている。向こうのカフェから見えますもんね。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:こっちからカフェ見えているということは。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:日テレの時も僕何かその、作業、仕事しているOLさんを探してその人を見ながら着替えるというのが。

千原ジュニア:廊下からはメッチャ見えるな。

ケンドーコバヤシ:廊下!?

千原ジュニア:うん。日テレの。

ケンドーコバヤシ:普通の日テレの廊下ですか!?

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:ああ。

千原ジュニア:全部窓やん。

ケンドーコバヤシ:そうですね。

千原ジュニア:ガラスやん。

ケンドーコバヤシ:はいはいはいはいはいはい。

千原ジュニア:だって言ってはったもん日テレの職員、あの見えるって。

ケンドーコバヤシ:ああ。

千原ジュニア:うん。2P見たことあるいうて。

ケンドーコバヤシ:うろつこう。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:それは見たいな。

千原ジュニア:言っていたで。

ケンドーコバヤシ:ああ。楽屋か。

 - にけつッ