人生に笑いはつきもの

芸能・お笑い関連のテレビ番組情報をお伝えするニュースサイト

ケンドーコバヤシ、北海道での楽しみ「他の客に引かれてしまった」

      2017/09/21

2017年9月10日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが北海道でのキャバクラについて語っていた。

ケンドーコバヤシ:いやでもね、こんなに手を振ってくれているんですけどね僕はまもなくこの札幌での仕事が終わるので、この後がもう楽しみで仕方ない。

千原ジュニア:ねえ。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:終わって。

ケンドーコバヤシ:終わって、まあ美味いもの食って。

千原ジュニア:美味いもの食うて。

ケンドーコバヤシ:その後は何しようかなと思っておりあす。

千原ジュニア:いろいろありますよ。

ケンドーコバヤシ:前でもね、あの、昔札幌で何かの番組のスタッフとね、あのちょっとセクシーなキャバクラみたいなところに行ってひかしてしまったことがあるんですね、僕。

千原ジュニア:ほうほう。

ケンドーコバヤシ:あの、札幌の男の人やったらわかるかもしれないんですけど。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:普通にキャバクラみたいに飲んでいて、急に真っ暗になる店があるんですよ。

千原ジュニア:ほうほう。

ケンドーコバヤシ:真っ暗になって、大音量で音楽が鳴り出して、その間は横座っている子のおっぱい触って良いという。

千原ジュニア:それだから、俺らのキャバクラとこっちのキャバクラ違うんやろう!?

ケンドーコバヤシ:違う違う、そうなんです。こっちはキャバクラがそうなんですね。我々の普段行っている、普段行っているというのはあれやけど(笑)

千原ジュニア:こっちの。

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)

千原ジュニア:いわゆるこっちのキャバクラが向こうのセクキャバみたいな。

ケンドーコバヤシ:そうですそうです。

千原ジュニア:みたいなところなんやってな。

ケンドーコバヤシ:向こうでいうキャバクラはこっちでニュークラブやったかな!?

千原ジュニア:はあはあ。

ケンドーコバヤシ:ニュークラ。

千原ジュニア:そういう何か仕組みの違いが。

ケンドーコバヤシ:そうなんです。その真っ暗になった時にこう、またがってきておっぱい触れるという。それでパッと明るくなるから最後バレたりするんですよ。ウワーみたいな、なるんですけど。

千原ジュニア:ほうほう。何やっていたかが。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:ほう。

ケンドーコバヤシ:僕その時おっぱい揉まずに僕がおっぱい揉んでもらっていたんですよ後ろから。パッとなって、アッ!?と。

千原ジュニア:ははは(笑)

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)

千原ジュニア:恥ずかしいね。

ケンドーコバヤシ:恥ずかしい。

千原ジュニア:なるほど。

ケンドーコバヤシ:ちょっとうけるかなと思ったんですけど周りも引きつって笑っていました。引きつり笑いやった。

千原ジュニア:あ、そう。

ケンドーコバヤシ:あれちょっと良くなかったかなと。

 - にけつッ