人生に笑いはつきもの

芸能・お笑い関連のテレビ番組情報をお伝えするニュースサイト

ケンドーコバヤシ、コンプレックスを整形で克服「範疇で言ったら整形」

      2017/08/19

2017年6月25日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが整形をしたことを語っていた。

ケンドーコバヤシ:整形をしたんですよ、僕。

千原ジュニア:おっ。エエッ!?

ケンドーコバヤシ:整形したんですよ。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:企画でも何でもなく。

千原ジュニア:はいはいはい。

ケンドーコバヤシ:まあ一応整形の範疇に入るらしくて。

千原ジュニア:はいはいはいはい。どこまでがね微妙なところでしょうけど。

ケンドーコバヤシ:はい。あの僕この間ね、実はコンプレックスで内緒にしていたんですけど。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:左足の親指が水虫やったんですよ。

千原ジュニア:ああ、ああ。

ケンドーコバヤシ:はい。それで、いよいよ1日空いていたので病院に行こうと思って。薬をね3ヶ月くらい塗っていたんですけど全く治らなかったんです。それで行って、診られたら「小林さん、これ水虫ではないです」と。

千原ジュニア:エッ!?

ケンドーコバヤシ:「何ですか!?」と言ったら「切り傷です」と。切り傷に。

千原ジュニア:膿んでいるの!?

ケンドーコバヤシ:いや、切り傷に、どこかでたぶん切っていて「川原とか歩きました!?何にか、旅行とか行った時に岩場みたいのところ歩きました!?」と。「その時に切っていて、そこに関係ない薬を塗っているから全く治らないです」と。

千原ジュニア:ああ、なるほど。

ケンドーコバヤシ:はい。「水虫は他に広がっていくのにここだけでしょ、これ!?」と。「これ切り傷なので切り傷の薬を塗ります」と言って、塗ったらもう2日で治ったんですよ。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:結果3ヶ月僕は苦しんでいて、誰にも内緒にしていた水虫が。

千原ジュニア:はいはいはいはいはい、はいはいはいはい。

ケンドーコバヤシ:それでその時に僕はこの間までね、目にイボが出ていたんですよ。

千原ジュニア:あっ、何かあった。

ケンドーコバヤシ:あったでしょ!?

千原ジュニア:あった。

ケンドーコバヤシ:はい。全然僕はもうエエわと思って気にしていなかったんですけど、「小林さん何かイボできていますね」と「ここできているんですよ」と。

千原ジュニア:あったなプツッと。

ケンドーコバヤシ:プツッてあったんですよ、はい。「できていますね」「できていますよ」「はい」と言ってピンセットを出さ

れてプツンと割れたんですよ。「痛いっ」となって。

千原ジュニア:エッ、麻酔とかないの!?

ケンドーコバヤシ:はい。プツンで終わりでした。痛みもなく。

千原ジュニア:エッ!?そうなの!?

ケンドーコバヤシ:はい。一応まあ範疇で言ったら整形みたいなもの。

千原ジュニア:違うわ。

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)

千原ジュニア:へえ。でもそうなんや。

ケンドーコバヤシ:何かそういうのに悩んでいる人がおったら皮膚科みたいだったら一瞬らしいですよ。

千原ジュニア:へえ。

 - にけつッ