人生に笑いはつきもの

芸能・お笑い関連のテレビ番組情報をお伝えするニュースサイト

千原ジュニア、NON STYLE井上裕介「服装の乱れは心の乱れ、前髪のアンバランスが運転にも影響を及ぼしている」

      2017/08/29

2017年8月20日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・千原ジュニアがNON STYLE井上裕介について語っていた。

ケンドーコバヤシ:なんであんな泣いたんやお前!?あれは、あれは本当国民もれなく言っていた。

千原ジュニア:いや、マジで。

ケンドーコバヤシ:事件があった3日間やったら泣くこともあろうと。

千原ジュニア:うん。

井上裕介:はいはい。

千原ジュニア:あれだけあって、あの記者会見に合わせて何を何Lいった!?

井上裕介:いや、飲んでいません。いやそんな、水を飲んで涙流そうとしていませんよ。

千原ジュニア:ああ、そう。

井上裕介:いや、やっぱりいろいろ質問されるじゃないですか。やっぱりいろいろ思い出すこともありますし、いろいろ自分の中でこう気持ちを整理しながらしゃべっていたらやっぱり、もう無意識にではないですけど、自然と涙が出ていたというだけです。

ケンドーコバヤシ:でも石田は言っていたで「入ってきた時からハンカチを握っていた」と。

井上裕介:いや、あれも、まあ泣く為にハンカチを持って行ったわけじゃないですよ。

ケンドーコバヤシ:お前普段ハンカチ持って歩いているか!?

井上裕介:あの。

千原ジュニア:それはおかしいやん。

井上裕介:いや。

千原ジュニア:「下心なんかなかったんだ僕は」とコンドーム握っているのと一緒やで。

井上裕介:違う違う。それはあの、会社が家に帰れなかったんですよ僕。急遽謝罪会見をするとなって、それで家に帰れないとなってホテルに泊まってくれと。

ケンドーコバヤシ:デリバリーでも1回呼んでそれで。

井上裕介:呼ばないです。そんなことするわけないでしょ。

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)俺やったら呼んでいた。

井上裕介:いやいや。

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)

井上裕介:さすがにそんな精神状態になれなかったですその時は。

ケンドーコバヤシ:それは数ヶ月開いているから。

井上裕介:いやいやいやいや、明日ちゃんとしっかり皆さんに自分の言葉でと思ってホテルに泊まって、次の日家に帰れていないのでようはスーツのシャツとかネクタイとかないわけですよ。それは会社の人がみんな用意してくれて、自分の自前、社員さんの自前で、それでハンカチも用意してくれて。

ケンドーコバヤシ:へえ。

井上裕介:それを持って出たと。

千原ジュニア:なるほどね。聞いたら運転がメチャクチャ下手なんやって。

ケンドーコバヤシ:ああ。

井上裕介:まあ。

ケンドーコバヤシ:自信なかった!?

井上裕介:上手なほうではないです。

千原ジュニア:バランス感覚が悪いねんて。そのバランス感覚の悪さが前髪に出ている。

井上裕介:違いますよ。違います。

千原ジュニア:お前まっすぐいけや。

ケンドーコバヤシ:おかしいやん。

井上裕介:俺髪の毛。

千原ジュニア:まっすぐいけ。

井上裕介:前髪まっすぐしたらまっすぐ歩けるようになるとかじゃないですから。

千原ジュニア:いやそういう心の乱れやねんこれは。

ケンドーコバヤシ:そうやってお前。

ケンドーコバヤシ:バランスが、バランスがこっちにいったから右折レーンから入った。

井上裕介:確かにこっち。

千原ジュニア:服装の乱れは心の乱れやねん。お前まっすぐせえやそれ。

ケンドーコバヤシ:まあ反省はしているんやな!?

井上裕介:もちろんです。

ケンドーコバヤシ:もう今後このようなことないねんな。

井上裕介:それはもう。

ケンドーコバヤシ:じゃあ井上にじゃあ、ガリクソンと堤下の話を聞こうか、どう思うか。

井上裕介:いやいや、一番グイッと寄ってきて、僕の両脇に逃がさないぞみたいな感じで。いやいや、それはもう僕と同じようにしっかり反省してもらうのが一番ですよ本当に。

千原ジュニア:どううトリオ名を考えているの!?

ケンドーコバヤシ:うん。

井上裕介:いや、トリオでやらないです。

千原ジュニア:エッ!?

井上裕介:やらないです。

千原ジュニア:何で!?

井上裕介:できることならあの二人と二度と会いたくないんです。

ケンドーコバヤシ:会いたくないの!?

千原ジュニア:あ、そう。

井上裕介:それはもう。

ケンドーコバヤシ:ストリートでやろうや、お前。

井上裕介:いや、僕らですか!?

千原ジュニア:3WD。

井上裕介:嫌です。ちょっと車っぽい感じで言うのは嫌です。

ケンドーコバヤシ:ははは(笑)

 - にけつッ